衰退しない産業づくり
日本の製造業、産業の復活! 

サンプルバナー





オンリー ワン
他では絶対まねができない

奇跡の商品,奇跡の産業つくり

染色
布や皮革などの繊維に色素を
吸着させて色を付けるのが染色です。

染色は色を付ける工程ですが
新たに生命力を付加させることができます。

染色のときに使用する材料は
原糸 染料 水があり
高温高圧釜などの道具があります。

染料が糸に着染したときに
生命力を発揮させるその方法がポイントです。

なんとその方法は
水を変えるだけでもできてしまいます。

もう一つ手をを入れたいのは電気です。

高温高圧釜の中で繊維は染料によって着色されていきますが
その染料は水の生命力と同じレベルにまで高められています。

染料も繊維も水の生命力によって高められていますから
その時の生命力のレベルによって着色が完了します。

そして乾燥によって着色がが終了しますが
窯から出して乾燥して初めて
生命力そのものを高める工程も終了します。

染色の対象となる繊維は従来と変わりません。

この技術で今まで染色できないものも
染色できるわけではありません。

あくまで生命力を付加させるためのものです。

何に使うために繊維に生命力を付加するのか。

ポリエステル繊維は化学繊維の中でも
大量に生産されて
周りにたくさん製品があります。

繊維を生産するときに
生命力を付加する方法はすでに記述してありますが

その上でさらに染色工程で生命力を付加させる、
あるいは今までと同じ生命力が付加されていない
繊維に生命力を付加させることができるのが
今回の染色を利用して生命力を付加する技術です。

生命力は科学的にも水素結合や
共有結合の力として作用します。
水、染料、繊維のすべての生命力を高めることで
繊維にその生命力を染色と同時に付加されます。

水素結合、共有結合が高まるということは
繊維にとってどのような効果があるのか
不明な部分がたくさんありますが

静電気の減少などの効果も見込めるのかもしれません。
風合いなどの変化もあるかもしれません。

繊維を人が衣料として直接着衣した時は
生命力がその人を包み込み人の生命力を高めます。
それは健康度を高める作用となります。

カーテンなどの製品となった時は
カーテン生地の周囲の気体や水分に
生命力を付加して
室内環境の生命力を高めることができますし

光がカーテンを通過するときにも
生命力が高い光として室内環境を高め
ひいては人の生命力を高めて健康に寄与します。

工場では染色後の水は廃液として処理しますが
生命力のある水は微生物の活性を促し
廃液処理をスムースにすることができます。

電気は行程中でも動力として使用しますが
様々な電気を使いますのでその
電気に生命力を付加させるためのものです。

圧力釜以外にも多くの装置が動いています。
多くのその材質はステンレスです。

機械そのものにも
生命力を付加させる法王もありますが
その方法はいずれ公開します。

ここまで記してきた繊維に生命力を付加する方法は
染色が繊維の世界で新たな革新を起こす技術です。





2015年09月01日




▲pagetop