衰退しない産業づくり
日本の製造業、産業の復活! 

サンプルバナー





オンリー ワン
他では絶対まねができない

奇跡の商品,奇跡の産業つくり

せっこうボードに生命力を高める作り方。
せっこうボードは日本では吉野#膏という会社が
トップですが全国で2社しか製造していない商品です。

まるで吉野#膏のための技術になってしまいますが
石膏ボードは建築材としてとても重要なものですし
生命力を高めて製造することは今までより

付加価値の高い商品を製造できることになります。

生命力の高い石膏ボードを作るために
必要なものは従来の材料と設備に加え、
焼きせっこうを作る段階で

炉で加熱するときの燃料に
生命力を付加する必要があります。
(残念ながら私には熱源がわかりません)

焼石こうは水と混合されて
紙の上にどろどろ状態のまま流します。
この段階でKOTORABO水装置の水を使用します。

紙は加温されますが
その時のバーナーの炎のガスにも
生命力を付加しておきます。

ラインを流れて固まってきたボードを
熱風乾燥器で乾燥するときの熱風にも
生命力を高めておきます。

ここはKOTORABO電気装置を使用します。

KOTORABOの水装置も電気装置もガス装置も
商品には残らないのですが
何をしているのかというと

生命力を運ぶための大切な役割をしています。

このようにしてできた石膏ボードがどのように
役に立つのか。

生命力の観点から見たら
素晴らしい事が起きますよ。





2015年08月28日




▲pagetop