衰退しない産業づくり
日本の製造業、産業の復活! 

サンプルバナー





オンリー ワン
他では絶対まねができない

奇跡の商品,奇跡の産業つくり


生命力の高い鉄を作る。エネルギーの高い鉄を作る。
電気により鉄スクラップをリサイクルする電気炉があります。
CO2の削減や省エネルギーにもなっているようです。
夜間電力の相当量を使用してコスト削減をしています。
鉄リサイクルにおいての団体もあります。


日本鉄リサイクル工業会


普通鋼電炉工業会
電炉業は鉄スクラップ利用の資源循環型産業

さて今日はとても大切な産業素材「鉄」についてです。
鉄の生産に関わる技術です。
鉄リサイクルについては上記のリンク先にて調べてください。

リサイクル鉄は電気炉によって行われています。
このリサイクル鉄産業も原材料相場、
為替の変動や世界各国の景気にも左右されています.

日本だけでなく世界的な相場にも左右される産業なのです。

それではその相場にも勝てる商品を作ってしまいましょう。
どうしたら良いのでしょうか。

それは商品の付加価値を高め
世の中の役に立つ商品を作り
他国には生産できないものを
日本国内で生産する。

これならば景気や相場にも左右されにくい
鉄を作ることができます。


製造方法は今までの工法そのままです.
何をどうするかですが

それは電気炉ですから電気を使って
スクラップ鉄を電極を刺して電気を流して溶融しています.

電気です.
この電気をKOTORABO電気装置に接続します.
誰もが電気で鉄が変わるとは考えていません。
電気の質を高めることは
鉄の材料の質を高めること以上に重要なのです。



この電気炉に使用するKOTORABOの電気装置は
相当な大きさになると思いますが必ずできます.

これで電気の質が変わります.
電気の質が変わって鉄が溶けますから
鉄の質が変わります.


鉄が生命力の高い電気によって溶かされて
鉄が生命力で満タンになってきますから
そのままそれを保持して次なる行程に向かいます.


溶けた鉄は鉄板になったり棒になったり
製造会社によって異なりますが
製品になる途中に

再加熱したりされる工程の電気も
同じくKOTORABO電気を使用します.












水のシャワー

温度を抑えるために
水が使われますが
水の生命力が低いと鉄に貯蔵された生命力は奪われます.
奪われるのを防ぐために
KOTORABO水装置を使用します.

これで生命力は無事に鉄が保持されて製品となります.










電気炉においても製錬炉においても
KOTORABO電気装置、KOTORABO水装置は必須です.

生命力を高めた
製品となった鉄の用途についてはまた記述します.

鉄の従来の企画に合うものを作りながら
生命力という付加価値を持った鉄の用途は
それこそ無限です.

環境、健康に役に立つものとして
利用できるのが良いですね.






2015年08月19日




▲pagetop