衰退しない産業づくり
日本の製造業、産業の復活! 

サンプルバナー





オンリー ワン
他では絶対まねができない

奇跡の商品,奇跡の産業つくり

夏にアイスキャンディはつきものです。
一体どれだけのアイスキャンディが
一夏に食べられているのでしょうか。

アイスキャンディ、アイスクリーム、かき氷、
これらは原料に必ず水が使われています。

もしもこれらの商品が生命力の高い水が使われているならば
その分だけ私たちは
生命力を高めるチャンスに恵まれるわけです。
それは現実に社会の健康に貢献できることです。

ではその具体的な方法は
もちろん水がポイントです。

凍らせる前の水にKOTORABO水装置を使用します。

そして氷、アイスキャンディにするには
冷凍のために電気が必要です。

そのための電気にKOTORABO電気装置を使用します。

この2点は必ず使用します。

キャンディを食べておいしくて
しかも生命力が高まるキャンディなんていいと思いませんか。
人々の健康に寄与できることは人類への最大の貢献です。

流通段階で何度も運ばれて
最終的に店の冷凍ケースに並べられます。
その間生命力不足の冷凍庫などにも保管されますがが
氷になっていますので
その間に生命力を低下することはありません。

消費者の口に入るまで高められた生命力を保持しています。

消費者が手にしたときその時から消費者を高めます。
口に入ってその生命力は人の生命力を高めます。

えっ 味ですか。
おいしくて香りもいいんですが、甘みがすっと切れます。
くどくありません。
それが生命力を高めた時の糖分の特徴です。

食品の役割は命を高めないと役目の半分は果たせません。
それが出きない食品があふれていることはあまり知られていません。

衛生面などの管理面でも細心の注意は必要ですが、
一番大切なのは消費者の
健康に役に立たないような食品を作らないことです。
店頭に毒にしかならないような食品が
たくさんあるのを見るとなんか悲しくなります。

せめて水がほとんどのアイスキャンディぐらいは
生命力を高めて作ってください。

2015年08月12日






▲pagetop