SEINARU ENERGY




あなたの脳を天才にする
聖なるエネルギー




いまさら脳を天才にしても仕方がないよ。


冗談はやめておいて・・・



脳の働きを高めるなんてことはどうしたらできるのか。



脳は体の一部を構成していますが


その脳が体をコントロールし、思考を決定しています。



心も脳の問題ですね。



脳の科学は脳科学者にお任せですが、




脳科学者は脳を天才にすることはできるのでしょうか。



あははっ体験も大切ですが、



脳を今までより桁違いに機能させるに不足かもしれません。



脳はからだの中にあってすべてをコントロールしています。



その脳をコントロールするものがエネルギーです。



脳をコントロールしているものは



脳をコントロールしている無形情報です。



脳をコントロールしているエネルギー、情報の力を高めれば脳の機能は一変します。



そのエネルギーは体に存在しますから、脳の機能を高めるには



体のエネルギーを高める必要があります。



通常脳だけのエネルギーを高めることはできないのです



脳の思考、意識だけで脳の力を高めていくことは不可能ではありませんが、



それにも体のエネルギーに応じての限界があります。



ですから天才脳を目指すならば



基礎の体のエネルギーを高めておく必要があります。



脳が誘導するものが「心」です。



うーん 「心」も見えません。



脳という存在が体の機能をコントロールしていることは明確ですが、



脳が「心」をコントロールしているのか



「心」が脳をコントロールしているのか




どちらにしても「心」が先に動き、その後脳が動くのは間違いないようです。




心の問題も難しいし、意識の問題も難しい。



「脳」は難しい話になってしまいますね。





心は脳が誘導する情報です。


脳が持っているエネルギーの容量で



誘導する心の情報量が変化します。



喜怒哀楽もそ、感情も感覚もその容量が変化します。


体のエネルギーが劣化し、脳が誘導できる心の容量が落ちると



すぐに切れるようになります。



例えば、子供が学校へ遅刻をしました。


先生が**くん遅刻してはいけませんよと注意したとたんに



ごめんなさいが出る前に、血が逆流して



暴力行為につながってしまうようなことが起きてしまいます。



エネルギーが十分ならば、その言葉をしっかり受け取り


自分の状況が判断でき、


すなおに認めて誤ることができるようになります。



心の大きさが違ってくるのです。



その心の大きさがその人の人生を豊かなものへと


誘導することができるのです。



天才脳にする意味はこういう意味合いもあるのです。




さて、一般的には天才という内容は、WIKIPEDIAではこうです。



世の中に天才といわれる人も意外と



人格的には破壊的な面もありそうです。




もしこの人たちがエネルギーを持っていたなら



人格的にも円満で、社会的にも満点な天才だったのかもしれません。



天才になるには、知能の強化が必要です。



WIKIPEDIAでは知能は



  提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

  知能(ちのう、: intelligence)は、論理的に考える、計画を立てる、
 

  問題解決する、抽象的  に考える、考えを把握する、


 言語機能、学習機能などさまざまな知的活動を含む心の特性のことである。





とあります



知能と呼ばれる内容だけでなく、学力ならばWIKIPEDIAではこうなっています。




一般的には学力は




集中力、思考力、理解力、判断力、洞察力、表現力、応用力、




想像力、創造力などの総合力が学力といわれていますが




そうすると天才脳を作るときに必要なことは



人格的にも問題なく、一番は心の問題となってしまいます。




ならば心の容量を高めればいいわけです。



その心の容量を高めるのがエネルギーですから




答えは簡単です。



エネルギーを高めていく。それが答えです。




脳を天才にする方法で


密教の中に「秘法」があり、それを習得することで



脳を天才にするという***聡明法というのがあるそうです。



私もその昔独力でその方法を行ってみたことがあります。



その結果として、頭の前、目の前の少し上、


20〜30cmほどのところに、ぽっかりと黄金色、または




橙色に輝く真ん丸いお月様のようなものを



浮かべることができた経験があります。



ある修行家は、これが修行法の完成として成就したとしていました。




ところがこの聖なるエネルギーは様子がかなり違いました。



頭の中で、寝入りばななどうつらうつらしたときに



パンッっと爆発をするのです。



数年の間に10回近くその爆発が起きました。


それ驚いて飛び起きてしまいます。



乾いた何かピストル(聞いたことはないですが)のような音みたいに



方角もわかるようにで爆発しました。



もちろんびっくりして飛び起きても何も起こってはいません。




最初は夢か・・ぐらいでしたが何回も続きます。




それが、聖なるエネルギーを発見する1週間ぐらい前のことです。




うとうととしたときのことです。



全身が稲妻に包まれた青白い光のショックとともに




頭の中に大爆発がおき、雷が落ちたような衝撃を受けたのです。




今でも鮮明の覚えていてちょっと恐怖です。




それが言った移動したと思うでしょうが、



お月様のようなものがぽっかり浮かぶのと比べてしまいます。



これは「ぐもんじそうめいほう」でいうところの



「宵の明星」いわゆる金星のことらしいのです。




その宵の明星と比べると、そのショックのなんとすさまじいことか。





誰もが起きる事ではないのかもしれませんが、




聖なるエネルギーにそんなことが起きるとしたら




びっくるするといけませんので・・・。




とんでもないショックです。全身が雷の青い色で稲妻のようになります。




頭の中はそれこそ大爆発です。



あなたの


脳が天才になる過程で経験するかもしれませんししないかもしれません。




私は天才だと思っていません。


私は凡才です。聖なるエネルギーを見つけて




それを物体に保持せる方法を見つけただけの凡才です。念為。



でもあなたがもし天才脳になっていく間には、



これに似たような経験があるのかもしれません。




先祖霊を完全供養したり、トラウマを解消したり



悪霊には退散してもらうのも、




すべて人が持っている才能を伸ばすために




まず、マイナスを消しておかないと才能が伸びないと考えたからです。




「巣」のあなたが持っている才能を伸ばすために



マイナスを消す必要があるのです。




努力が不必要なのではありません。必要です。


学問にしても何にしても努力してください。


目標を持ってがんばってください。



その過程で必ず聖なるエネルギーはあなたをバックアップします。




迷いが消えて、頭の中が計画的になり




思考がスムースに流れていくことが実感できると思います。




聖なるエネルギー、ENERGY Xを手に入れて



あなたもぜひ体験してみてください。



いまさら、脳を天才にする必要が・・・あるのです。




生きていくという人生には聖なるエネルギー、ENERGY Xは必要だと思います。




あなたがあなたの脳を天才にする方法を手にして




あなたが天才になっても誰もあなたを恨んだり




憎んだりしません。喜んでくれます。




周りまで幸せで包んでしまうことができます。